検索天気地図路線このサイトについて無間地獄無間地獄
ツールバー友の会

中ネタ 2009-2010

« 元日のビジネス街には人がいないのか行ってみた | 中ネタ 2009-2010トップ

大晦日のウェンディーズに行ってみた

at 2010.01. 3 Sun 11:00
by 加藤まさゆき


愛用したつくばのウェンディーズ

ご存知のように、ハンバーガーチェーン「ウェンディーズ」が昨年の12月31日をもって全店閉店になってしまった。

僕は茨城県のつくば市に住んでいるが、自宅の近くににウェンディーズがあったので、かなりよく通ったものである。特に99円バーガーセールをやっていた時期なんかはずいぶんと世話になった。
あの独特の四角いパティが大好きだった。


茨城県内に3軒しかないウェンディーズの1軒

そこで大晦日に、大好きだったウェンディーズに感謝の気持ちを込めて、友人たちと最後の瞬間を見届けに行くことにした。

100103kato01
大晦日、満月の夜、ウェンディーズを見届ける。

ここのウェンディーズは筑波大学の学生街と言ってもいい場所にある。おそらく僕と同じ気持ちの大学生も多いはずだ。

はたしてウェンディーズ最後の瞬間は、学生で大混雑だろうか。それともまさか、客は僕たちだけだったりしないだろうか。不安の期待の中向かったウェンディーズの様子はこうだった。

ウェンディーズ、肉切れ。

100103kato02
ドライブスルー、がら空き。

実はこの日の昼過ぎ頃、正月の買い物に行くときにここのウェンディーズの前を通ったのだが、そのときはこのドライブスルーのレーンに大行列ができており、店の外まではみ出していた。
なのに今は、このがら空きの有様である。

いったいなぜなのか。その原因はこれだった。

100103kato03
「本日、肉品切れ」のお知らせ。

なんと、あまりにたくさんの客が押し寄せたため、肉が品切れになり、肉を使った全てのメニューを提供することができないとのこと。
確かに昼過ぎのあの行列はハンパ無いものがあった。しかしまさか、肉が品切れになってしまうとは。もう少し早く来ておけばよかったな、と多少後悔する。

100103kato04
店内の座席スペースもガラッガラの空席。

チキンバーガーとチリを注文

けれど、チキンを使ったバーガーと、ウェンディーズ名物のチリならまだ注文できるとのことだったので、チリが食べられるならいいかな、と友人たちと注文の列に並ぶ。

100103kato05
テイクアウトのお客さんがちょっとだけ行列を作っていた。

100103kato06
「チキンバーガーとチリと……」、注文にも気持ちがこもる。

100103kato09
チキンバーガーチリフライセット&チリ&ナゲットをチョイス。

100103kato08
友人たちはサラダセットをチョイス。

何枚かサービスショットをどうぞ。

時間は現在、午後7時44分。

100103kato10

この日閉店は午後8時00分。
まだ時間があったのでゆっくりとウェンディーズで最後の晩餐を楽しむことにした。
読者のみなさんにも、ウェンディーズの思い出を懐かしんでもらうために、何枚かメニューのアップを掲載させていただきたいと思う。

100103kato11
ウェンディーズといえばこれ、チリチーズポテト!

100103kato12
もしくはこっち? チリ(M)。ライター萩原さんもおすすめ。
(参照:勝手に食べ放題・ウェンディーズ編

100103kato13
ナゲットwithチリ! 僕のお気に入りレシピ。

100103kato14 
そして、おなじみアルミ箔にくるまれたハンバーガー。いただきます。

もう一つの集団が集合開始。

と、僕らが客席で食べている間に、向いにもう一つ、人の集団が集まってきた。
最初は一人だけだったところに、一人、また一人と集まってきて、4~5人の集団になり、僕ら以上に楽しく盛り上がり始めた。

100103kato15_2
新集団の登場!

店員さんと仲よさげに話している風だったので、店員さんの友達のようにも思えた。
お互い、ウェンディーズの最後を見守りに来ている、という連帯感もあり、思い切って話しかけてみると、なんと全員現役のバイトだとのこと。
今日はシフトに入っていないのだが、世話になったウェンディーズの最後を見届けるために、こうやって集合しているのだという。

100103kato16
お世話になりました、ウェンディーズ!

お客さんが押し寄せて、肉が品切れになっただけでなく、バイトさんたちまで集まってその最後を見守ってくれるなんて、なんて幸せな最後なのだろうか、ウェンディーズ。
みんなに愛されてきた証だ。

そして最後の客に。

時刻は午後7時57分。

100103kato17

僕は最後の客になるべく、おもむろに席を立った。
二台あるレジのうち、一台ではもう小銭の精算が始まっている中、コーヒーを注文した。僕がコーヒーを注文すると出入り口のカーテンが下ろされ、レジが閉まり、この日の営業が終了した。

ウェンディーズ29年の歴史に幕が下ろされたのだ。

100103kato18
最後の注文となったコーヒー。

100103kato19
さようなら、ウェンディーズ。

100103kato20_2
時間も8時を過ぎた。

結論

このあと、続々とバイトさんたちが店に集合し始め、何かイベントがあるのだろうな、という空気になってきたので、僕らは店を出て、ウェンディーズに別れを告げた。

きっと店員さんたちだけでウェンディーズを見送る会が企画されていたのだろう。
大みそか、紅白歌合戦の裏でイベントまで用意してもらえるなんて、なんて果報者なのだ、ウェンディーズ。僕らも最後の時に立ち会えて楽しかった。

ありがとう、ウェンディーズ。
またいつか、あの分厚くくて四角いパティとチリポテトフライに会えたらいいなと思っています。

100103kato21
お世話になりました!