検索天気地図路線このサイトについて無間地獄無間地獄
ツールバー友の会

中ネタ 2009-2010

« トーストを4万枚焼いた雑誌「暮しの手帖」40年前の号を読む | 中ネタ 2009-2010トップ | 大晦日のウェンディーズに行ってみた »

品川駅11番ホームのお好みそばは、もうありません

at 2010.01. 2 Sat 11:00
by 松本 圭司


品川駅名物「お好みそば」

 品川駅11番ホーム、東海道線の下り列車が停まるこのホームにある立ち食いそばの常磐軒には「お好みそば」という名物メニューがありました。

Img_0017  

 お好みそばは440円。食券を買って注文すると、生卵だけ入った月見そばが出てきます。そのそばに、カウンターに並べられた具を好きなだけ入れられるのが特徴です。天かす、ネギ、竹輪の輪切りの天ぷら、ゴボウ天、山菜ナムル、サンマの竜田揚げ、わかめ。最初に色々入れても良いし、食べながら足しても良いというパラダイス具合でした。

Img_0021

12月16日で閉店してしまいました

 「でした」、というのは訳があって、12月16日をもってこの常磐軒は営業を終えてしまったのです。品川駅でホームの改装工事があるらしく、それに伴い閉店するのだそうです。という事で、先にそばの写真を載せちゃいましたが品川駅まで食べに行って来ました。

Img_0015

立ち食いそばで行列という希有な体験

 夕方5時。11番ホームの端にある常磐軒に着くと、そこには5人ほどの行列がありました。店内は8人ほどのお客で満員。立ち食いそば屋に行列なんて初めて見ました。食券を買い、待つこと10分ほど。ようやく店内に入り、「そばでお願いします」と食券を出しました。

Img_0019

 みんな名残惜しそうにそばをすすり、「ごちそうさまでした!」と言って出て行きます。中には常連さんらしく、店員さんと二言三言交わしていくお客さんも。店員さんも「お元気で!」と別れを告げます。外は暗くなって、でも店内は暖かくて、冬だなぁと思いました。

美味しいです

 いろいろな具を入れながら、僕もそばをすすります。美味い。麺はやや太めで歯ごたえがあります。つゆは、これぞ関東のそばつゆと風情の濃いめの鰹だしつゆ。濃い口醤油でしっかり黒いです。しっかりとした関東風のそば。具もそばもつゆも美味しくて、また来たいなと思いました。