検索天気地図路線このサイトについて無間地獄無間地獄
ツールバー友の会

中ネタ 2009-2010

« オバマさんも食べた抹茶アイスを食べに行く | 中ネタ 2009-2010トップ | 年末の成田空港には芸能人がいっぱいなのか »

新宿駅から歩いて行ける廃線跡

at 2009.12.30 Wed 11:00
by 林雄司


甲州街道の奇妙な植え込み

先日、昭和20年発行の鉄道路線図を買った(「最新・日本交通圖」 詳細はこのブログで)。

それを眺めるていると京王線の新宿のとなりに「新町」という駅があることに気づいた。いまそんな駅はない。気になってネットで調べると昭和20年に廃止された駅だという。その跡は植え込みがあるから分かるといくつかのブログに書いてあった。

甲州街道の植え込み?

あれか!

地図で見るとここだ

大きな地図で見る

西新宿2丁目の交差点の右下に島状の植え込みがある。道路の真ん中に取り残されたかのような植え込み。

新宿から来ると道が二叉に分かれるが、別にバス停などがあるわけでもなくまたもとの道に戻るだけ。いつも通るたびになんだろうと思っていた。

そうかあれは電車の跡だったのか。

分かると行きたくなる

001
不自然な植え込み。この左側を電車が通っていた。

003
手前が甲州街道

新宿を出た京王線は路面電車のように甲州街道を通っていて、ここから専用の線路に入っていたそうである。その分岐の名残があの不自然な植え込みだったのだ。

goo地図ではいまの地図と昭和22年の航空写真を切り替えられるので、それで昭和22年のようすを見てみると甲州街道からひょろっと線路らしきものが出ているのが分かる。

電車の気分になってみる

かつて京王線が通っていたところを電車気分で走ってみる。

新宿から歩いて行ける廃線跡

がたんごとーん

………。正直に言おう。ちょっと楽しい。

廃線を眺める趣味はいまいちピンと来てなかったのだが、ガタンゴトーンといいながら走ると面白い。

004
ここはトイレではないという表示は当たり前すぎて不条理

新たな鉄道趣味の味わいかたを発見してほくほくしていたが、植え込みは新宿らしい看板が立っているのであった。