検索天気地図路線このサイトについて無間地獄無間地獄
ツールバー友の会

中ネタ 2009-2010

« カタログの時計は何時何分を指しているのか | 中ネタ 2009-2010トップ | 氷結にスピリタスを足して氷結ストロングを超えるものをつくる »

表参道のイルミネーションを見てきた

at 2009.12.29 Tue 11:00
by 石原たきび


11年ぶりのイルミネーション

クリスマスのイルミネーション。これまで、そういうものとは縁遠い生活をしてきた。しいて言えば、飲屋街のネオンが僕にとっての、うきうきわくわくイルミネーションだ。しかし、今年は表参道のイルミネーションが11年ぶりに復活するという。ならば、これを機にちょっと見てきますか。

Photo
じゃじゃーん

結論から言うとなかなか見事だった。それにしても人が多い。

Photo_2
警備員も多数

とりあえず、明治神宮前駅から表参道駅まで約1kmの並木通りを歩いてみよう。

 

Photo_3
歩道が人で埋まる

Photo_8
歩道橋は通行禁止


そもそも、見物客のマナーの悪さと木への負担などからイルミネーションが廃止されたと聞く。今年は警備員の数を増やしたり電飾の取り付け方を工夫したりといった新たな取り組みで、このイベントが復活した。


Photo_4
約140本のケヤキに63万個のLEDを装飾

Photo_5
ラフォーレ前は関ジャニ∞


カップルだらけなのである

当然のことながらカップルだらけだ。

Photo_6
ツリー内で記念撮影ができます(長蛇の行列)

Photo_9
願い事を結びつけるコーナー

あまりにもカップルだらけでくやしいので、僕もエアー彼女といっしょに来たという設定で写真を撮ってみた。

Photo_7
彼女の肩を抱く

Dior
ほら、ディオールのビルが真っ赤だよ

表参道ヒルズに入る

ほどなくして、表参道ヒルズに着いた。

Photo_10
ここがまた狂乱のスポットになっているのだ

Photo_11
吹き抜け全体がイルミネーション

Dj
ツリーの麓には女性DJ

Photo_15
館内にスケートリンク

Photo_14
キスをしようか


カフェで休憩、そしてまとめ

あまりの人の多さとテンションの高さに少々疲れて参りました。カフェで休憩しよう。


Photo_13
コーヒー、ビールともに1000円というナイスなお値段

ビールを飲みながら振り返るに、イルミネーション自体はステキなものだった。しかし、人が多すぎる。アドバイス的なことをいえば、このイベントは1月10日まで行われているので、年明けの何でもない日に行くといいですよ。


Photo_12
月はどっちに出ている


[スポーツ]